借金返済できないうつ病

多様化する社会情勢の中で、様々な心の病にかかる方が増えてきています。
その典型的な例がうつ病です。
うつ病にかかってしまうと、これまで通り働くこともできず、最悪は失業という事態にもなりかねません。

借金を抱えたままうつ病にかかってしまうと、どう頑張っても返済できずに途方に暮れてしまうでしょう。
とくにうつ病では、ネガティブに考えてしまいがちになりますので、どんどんと悪い方法に進んでしまうことになります。

うつ病になってしまった方は、医師と相談しながら、まずは病を治すことを最優先に取り組むべきです。
そのためにもすみやかに借金問題を解決しなけばいけません。
それにはやはり弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。

うつ病にかかり収入がなくなると、場合により生活保護を受給することができます。
しかし借金がある状態では、生活保護を受給することができません。
生活保護費は最低限度の生活を送るために支給されるもので、借金の返済に充てることが認められないのです。

一つの方法としては、自己破産で借金を無くしてしまう、ということが考えられます。
自己破産を前提として、生活保護の支給を申請すれば、認められる可能性も高くなります。
そのためにも早めに専門家の知恵を借りることをおすすめします。
うつ病にかかってしまうと、このあたりの思考能力も低下するかもしれません。
できれば家族などの助けを受けながら、すみやかに借金問題を解決して、治療に専念できるようにしましょう。
借金返済マイスター|債務整理にオススメな弁護士の選び方はこちら

Article by Burt

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.